ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

ニュース&トピックス

とってもお得な!お試しサービス 2ヶ月間各コースを50%オフにてご提供 詳しくはこちら

とってもお得な!お試しサービス 2ヶ月間各コースを50%オフにてご提供 詳しくはこちら

現在表示しているページの位置

  ~どれだけ売上があれば利益はトントン?①~

配信日:2013/03/14

「いくらの売上があれば利益はトントンになりますか?」
この質問に皆様は即答できるでしょうか?
もちろんできますよね♪

「おおよそ月平均の固定費が●●円で、変動費率が●%くらいだから、
●●円くらい売上があれば利益はトントンになる」と答えられれば80点でしょう!
世にいう「損益分岐点分析」ですね。

もし答えられなければ・・・ズバリ、世にいう「どんぶり勘定」経営者かも・・・
一度、是非自分自身に問いかけてみてください(^-^)

これは自社の損益構造を知るということです。
この質問に答えられるだけでは実は十分ではありません。
あと20点が必要です。

ポイントとしては、推移をチェックすることです。
毎月の固定費、変動費率、損益分岐点売上の推移を見てみると、
「固定費が増え続けているじゃないか」「損益分岐点売上も上がり続けているじゃないか」
ということになってはいませんか?

「固定費は増え続けているのは分かっているよ」とおっしゃる方も、
その予想以上のスピードで増えていませんか?

でもこれはあくまで基本編。
次回は実は知られていないもっと大切な「分岐点」についてです。

  • 最適コース診断 最適コースと料金をシミュレーションでご提案
  • 初めて税理士を探される方へ
  • 税理士を変更したい方へ
お電話でのお問い合わせ
06-4706-7353
06-4706-7353
インターネットからお問い合わせ
お問い合わせ
グループ会社
  • 法律事務所 ミライト・パートナーズ
  • BE ONE FOOD