ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

ニュース&トピックス

とってもお得な!お試しサービス 2ヶ月間各コースを50%オフにてご提供 詳しくはこちら

とってもお得な!お試しサービス 2ヶ月間各コースを50%オフにてご提供 詳しくはこちら

現在表示しているページの位置

  ~どれだけ売上があれば収支はトントン?②~

配信日:2013/04/08

前回は、
「いくらの売上があれば”利益”はトントンになりますか?」というテーマでした。

今回は、
「いくらの売上があれば”収支”はトントンになりますか?」というテーマです。
前者の質問には答えられても、後者の質問に”確信をもって”
即答できる方はあまりいらっしゃらないです。

「勘定あって銭足らず」といわれるように、利益が出ていても、
お金がなくなれば会社はつぶれます。

ですので、「利益がトントンになる売上」だけでなく
「収支がトントンになる売上」も是非知っておいてください。

ちなみに、損益分岐点と収支分岐点で大きく異なることがあります。
それは・・・

損益分岐点は、損益分岐点を超えれば、売上が多ければ多いほど利益も増加します。
しかし、収支分岐点は、収支分岐点を超えても、売れば売るほどお金が足りなくなる
ということがありえるということです。

こういった場合は、限界利益率の改善や、入金サイトと支払いサイトの見直し、在庫保有量の
見直しが必要になってくるでしょう。

  • 最適コース診断 最適コースと料金をシミュレーションでご提案
  • 初めて税理士を探される方へ
  • 税理士を変更したい方へ
お電話でのお問い合わせ
06-4706-7353
06-4706-7353
インターネットからお問い合わせ
お問い合わせ
グループ会社
  • 法律事務所 ミライト・パートナーズ
  • BE ONE FOOD