ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです

ニュース&トピックス

とってもお得な!お試しサービス 2ヶ月間各コースを50%オフにてご提供 詳しくはこちら

とってもお得な!お試しサービス 2ヶ月間各コースを50%オフにてご提供 詳しくはこちら

現在表示しているページの位置

  【お役立ち情報】時間のない中小企業社長のためのお金の話 vol.36

配信日:2016/04/28


【いまの借入水準は、多い?少ない?】


いつもありがとうございます!
ミライトの廣瀬です。

今日の内容は、
今のみなさんの会社の借入が多いか少ないかを見るポイントです。

このポイントはいくつもあるのですが、
今回はそのうちのひとつをご紹介します。
ぜひ一度、以下の手順で計算してみてください。
※すべて税抜金額です。

1. 毎月のおおよその経常利益を書き出します。
  例 100万円
2. 1の金額からおおよその法人税等を引いた金額を計算します。
  例 100万円(1)-100万円(1)×税率約35%=65万円
3. 2の金額に毎月のおおよその減価償却費を足した金額を計算します。
  例 65万円(2)+減価償却費10万円=75万円
4. 3の金額と毎月の借入金の元金返済額を比べてみます。
  例 75万円(3)>毎月の元金返済額50万円

3の金額が毎月の元金返済額よりも多ければ多いほど、
”キャッシュ・フローという観点で見れば”借入は少ないと考えられます。

一方、少なければ少ないほど借入の負担が重いということになりますし、
もし3の金額が毎月の元金返済額より少なければ、
「毎月利益は出ているけどキャッシュ・フローはマイナス」という状態で、
最悪の場合、「黒字倒産」にもなりかねません。

利益はもちろん大事ですが、キャッシュ・フローはもっと大事だと思ってます。
利益が出ててもキャッシュが増えていなければ本当に儲かっているとは言えません。
利益が出ててもキャッシュがなくなれば倒産します。

利益ではなくキャッシュを最大化する「キャッシュ・フロー経営」の
第一歩としてぜひ一度計算してみてください。


  • 最適コース診断 最適コースと料金をシミュレーションでご提案
  • 初めて税理士を探される方へ
  • 税理士を変更したい方へ
お電話でのお問い合わせ
06-4706-7353
06-4706-7353
インターネットからお問い合わせ
お問い合わせ
グループ会社
  • 法律事務所 ミライト・パートナーズ
  • BE ONE FOOD