ミライト・パートナーズ

MENU

経理・税のご相談

Management

経営者が経営に専念できる環境づくりを - ミライト・パートナーズの経理・税のご相談をご紹介いたします。

経営に専念できる環境を

「人・モノ・金・情報・仕組み(システム)」が経営の5大要素。
経営者はこの5つに常に目を配り、企業としてあるべき姿を見定め、改善と改革を続けていくことが良い結果を生むことになります。
そのうち金を中心とした諸問題に対し、よきナビゲーターとして、経営者の皆様を支えたい。
そして他の問題に専念していただきたい。そういう想いでミライトは会社の経営を支えます。

経理

会社の経理部の代わりとして徹底的にアウトソースし、会計処理を一から任せたいというお客様。経理部もあって会計処理もしているけれどもその確認をして欲しいお客様。そのいずれにも柔軟に対応するのがミライト流。そしてもちろん会計処理については、複数処理方法が存在する場合には、会社にとって最も有利になるように選択していきます。

経理業務について

経理業務全てを任せたい

記帳代行

経理担当者をフォローしてほしい

記帳チェック

経理指導

経理・総務業務丸投げしたい

経理・総務代行

*納得のいく月次報告書作成

申告業務について

決算業務

ミライト・パートナーズの決算業務における方針説明

会社にとって一年に一度の決算は、その年度の経営成績を表すのみならず、税額計算の基礎資料になり、また資金調達の成否を分ける資料にもなります。
税金が少なければ少ないほどいい、と考えがちですが、そのような決算書は大概利益も僅少になっていて、金融機関からは魅力のないものになりがちです。
この相反する2つの関係を考えながら、二人三脚で合法な範囲内でのベストな着地を目指す。これがミライトの決算方針です。

申告業務

ミライト・パートナーズの申告業務における方針説明

毎年改正される税法をキャッチアップし、同じ利益でも税額がかわる様々な規定の適用を図ります。そういう点において、会計と税務は表裏一体ですし、経理処理が要件になる優遇措置等もあることから、税法抜きに会計は語れない、とも言えます。
また申告の際は来たるべき税務調査も睨んだうえで、調査官の指摘に耐えうるものに仕上げることも要請されます。調査は申告の時から始まっています。

税務調査立会

ミライト・パートナーズの税務調査立会における方針説明

適正な租税正義の実現のためには税務調査が不可欠です。そして納税者には調査の受忍義務が課せられています。
税務調査立会はミライトの最も得意とするところです。税法の判断には幅があり、課税当局と納税者の間にズレがあることもまま存在します。このとき、100%納税者側に立って正当な主張をし不意な課税から守る、これを日々ミライトでは実践しています。

*決算報告書類の作成について

財務

会社が決算書を作る意味はどこにあるでしょうか。まずは、適正な申告をするための税額計算のため。次に、資金調達のために金融機関に提出するため。最後に、会社の経営状況を的確に把握するため。
会社が発展する際、資金調達という面は避けて通れない関門ですが、その成否をわけるのが決算書になります。会社の成績表兼健康診断書といえる決算書をよりよい形に。そしてそれを通して経営を健全な形に。これがミライトの財務戦略です。

資金調達に向けて

銀行が貸したくなる決算書作り

資金調達時に必要な資料作りのフォロー

必要に応じて銀行の紹介、同行

人事・総務

人にまつわることは給与・賞与の計算にとどまりません。新しく人を雇ったら雇用保険の加入から。場合によっては社会保険と厚生年金への加入。そして年末には年末調整が待っています。また昨今、人にまつわる助成金もバリエーションが広がり、支給を検討される法人数もうなぎのぼり。これらの情報を常にアップデートし、会社の経営を経理・財務とはまた違った側面からサポートしていきます。

給与・賞与計算

年末調整・支払調書等作成業務

入退社等手続きサポート

助成金・補助金獲得サポート

お問い合わせフォーム

大阪オフィス

06-6345-6006

月曜~金曜日/午前9時~午後6時

東京オフィス

03-6441-3411

月曜~金曜日/午前9時~午後6時